「水彩絵具の旅」

水彩絵具 水彩画を本格的にデイリーに描き始めて早2年だって! そんなに経っているなんて思ってなかったから自分でもびっくり! 小学校でも使うサクラマット水彩。 どこでも売っていて手に入りやすい絵の具。 とにかく「すぐ」始めたかった私は、すでに家にあるものでスタートしました。 去年、ウィンザー&ニュートンのコットマンをゲットしたけど、 ヴィンテージ風の発色など、 どことなくしっくり来ないなぁと 最近思い始めてやっとリサーチ開始。 絵の具の世界もものすごく奥深く 水彩画のいろんな技法において出来上がりにめっちゃ差が出る! 自分が求める出来上がりを可能にする 絵の具と水彩紙を探し中。 もうね、あれもこれも欲しくて困る😂 YouTube で、水彩の諸先輩がたのレビューを見るも はっきり言って好みが一番影響するという(個人的)結論に。 なので、どんな商品があるかは勉強できても どれが好きかは自分で使ってみるしかない! 人生近道なし!(苦笑) ひとまず、試しにゲットしたのは「ホルベイン透明水彩絵具ボタニカルアート24色セットW455」という水彩絵具。 ホルベインは初心者からも使いやすい比較的求めやすい絵具としてよく登場する印象です。 【Point1】 今回の動画でもお話ししましたが、 とにかく「発色」がめちゃいいです! 追記すべきは、その発色が絵具乾燥後も変わらないということ! 水彩絵具は、乾燥後にやや落ち着いた色味に変わることがほとんどなのです。 ですが、このホルベインの絵具は、描いているときと、描き終わって乾燥したあとの色味の差がほとんどないのです。 【Point2】 使用する水彩紙との相性もあると思いますが、 今回使用した「コットマン (W&N) Watercolor Paper」では、 やや乾燥が早く感じたので、滲みを特徴としたものを描きたいときは、急ぎめに次のカラーを乗せたほうがよさそうです。 【Point3】 個人的には、滲みもはっきりしているという印象を受けました。カラーによって特色が違うという視点も考慮すべきなので、そのカラーによって多少違う可能性もあります!やはり自分で使ってみないとわからないと思います! 【Point4】 発色がいいので、絵具の消費が少ないんじゃないかと思います!つまり、車で例えると燃費がいい!ってことですね。 これから本格的に使い始めたら、また新たな感想が生まれるんじゃないかと思っています。 またシェアすべき内容があったらまたYouTube撮ってみようと思いますのでまたチェックしてみてください! 今回、好きであろう5色のみですがレビュー語ってますので、参考になれば幸いです! ホルベイン透明水彩絵具ボタニカルアート24色セット W455 道具を探りはじめると、 結局自分のスタイルを探ることに。 その過程もまためちゃ楽しい✨ おうちのインテリアも 車もワードローブも どんなものでも自分の身の回りのモノコトを リサーチして厳選しようと思うと 結局自分の時間の過ごし方や目指すものみたいなものが はっきりしないといけなくなるなぁとそう思っています! ではではみなさまどうか小さな癒しを忘れずに。 少しでも笑顔で毎日を過ごせたらと願います!

コメントを残す