「幸せの種」

祈り

“Prayer” 「祈り」という絵について書き記します。

朝、自分の気を整えてから描き始めるのですが、気を整える儀式の中の一つに「祈り」があります。毎朝、描く前に仏壇に火を灯しお線香を立てて、手を合わせます。よく、祖父母がやっていたなぁなんて思い出しますが、まさか私もそうなるとは思ってもみなかったなぁ(苦笑)!だって、なんだか辛気臭くて古臭くて時代遅れみたいに思っていたんだもんね。でも今は、自分を整える時に必要な習慣になっているなんてね!若い頃の自分に言ってやりたいことはいっぱいある!笑

この絵のときは、そんな目を閉じて仏壇に手を合わせている時に浮かびました。

閉じたまぶたの奥で、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ・・・。たくさんの小さい輝きがふわぁっ、ふわぁっと浮かび上がるのです。キラキラしていて、あったかくて。

描いているうちに、どうも下半分にも存在があるなーと思いながら、しっかりビジョンが浮かぶまで、上の輝きのひとつひとつに集中集中!そして出てきたのがやっぱりブルーの大きい渦でした。

描き終わって眺めると、そういえばこのブルーの渦描いたなーと思ったら、「記憶」という作品にある地球でした。全く同じ色の配置で、二つ合わせてみたらペアのようにマッチしました。

なんだかな、欠片を一片ずつ描いたのかなぁなんて思ってます。

祈っている時に浮かんだこの絵には「祈り」というタイトルが付きました。祈りっていうととても宗教的な空気が漂うけど、「願い」や「感謝」、「命」や「幸福」とも言える。私はそう思う。

そうやって、「幸せの種」を撒くように「祈り」がたくさんになった時、何か大きいエネルギーが生まれるんだよねぇ。うまく言葉にならないけれど。

みんなはどう思ったかな?

ただただ、みんなの今に光が灯りますように。

私の「祈り」より。

って文を閉じたんだけど、この話聞いて!
すごい奇跡的なこともあったの!!

朝、この絵を描き終わった後、次女がアトリエにやってきて、私の絵を見るなり、「昨日の夜、私同じ絵描いた!」っていうんです!それから、自分の部屋からスケッチブックもってきて、見せてくれたのがこの写真の絵!もう驚きすぎて声にならんかった!!本当にびっくり!この現象って一体なんだろ?!私と彼女。全く違う個から、同じような絵が、そんな時差なく出てきたなんて!本当びっくりな朝でございました!

佑果の絵

いつも読んでくれてありがと!
またね!

コメントを残す