「恵み」

eqality

“Equality ” 「平等」という絵について書き残します。

永遠にゴールドが続く世界の一部を切り取った様子を表しています。下の青い部分が全ての生命を表し、その上に広がるゴールドはあらゆる「恵み」を表しています。

恵みは、いかなる時もどんな生命にも平等に広がっていて、いつでもその恵みを受けることができるのです、とのこと。人間の頭では決して恵みとは思えない出来事や状況であっても、というのが大事なポイントのようです。信じるか信じないかで見る景色が違うだけ。何を恵みと理解するか次第。

日常生活の中では、いろんなことが起きて、小さいことでも大きいことでも心を揺さぶられることがある。そんな時こそ、この絵のメッセージの出番かも。何かのお知らせかもしれないし、そのことで救われていることもあるのだとも感じる時あるなぁと個人的には思います。

なかなか悲しいこともあるけど。それでもここに自分という肉体を持った人は存在しているわけで。その意味は?なぜに?と思うと、たった今を楽しんで優しく生きようとシンプルに思う。

自分は、たった今、どんな恵みを受けているかな?きっといっぱいある。

実は、この絵を描いた次の日、末っ子長男が救急車で運ばれるという事件が起き。学校で意識を失って倒れたと学校から連絡が入って。何を言っているのか最初理解できず、とにかくすぐ学校へ飛んでった。結論からお伝えすると、息子は大丈夫でしたが、本当にびっくりした。すぐに意識が戻ったらしいのだけど、念のため救急車で救急外来に運ばれました。学校から救急車、病院での検査。その間数時間。私は待合室で無事を祈るしかできなかった。そんな日に感じたことが、すでにいただいている「恵み」についてでした。

待合室で待つ間、今日この出来事を通して感じた

恵みについてメモを取っていました。

まず息子の同級生!他の生徒さんのけがで息子が倒れたとき不在だった担任の先生によると、倒れた瞬間を目撃してくれた子たちが、意識がなく反応のない息子に「声聞こえる?わかるなら、指動かして!」と指示。指が動いたから、声は聞こえてると判断したって!そして別の子。息子の脈を測ってくれてて、途中から脈が遅くなったと先生に報告したって!小5の子たちの対応に驚いた!!みんなの声が大きくて目が覚めたって息子が言ってたので、意識を取り戻せたのはみんなのおかげだよね。本当ありがとう。恵みでしかない。

そして息子当人。この日病院で、「しっかりしてるねぇ」と2度褒められた。コミュ力本当高い彼。待合室まで聞こえる、処置室からの談笑。なんか面白いこと言ってるんだな、息子。思わず周りを笑顔にしちゃう息子が恵み。

そして、学校の先生方も、救急隊員のみなさん、病院の先生、看護師さん、その他スタッフさん。みんな素晴らしく優しくて。手際よく全てを対応していただき、これもまた恵み。

こんな時、いつも共に手をかけてくれる夫。家のことも、子供のことも共に相談して共に助け合って生きてる私たち夫婦。二人ともどんくさいし欠けてることだらけだけど。それもまた恵み。

ヘトヘトになって帰宅したら、上の姉二人が、大量の洗濯物を取り入れて全部畳んでてくれて、お皿も全部洗ってくれて、お風呂も入ってた。なーんだ、できるんじゃん!普段からやってくれたらいいのに!って思っちゃったけど(笑)、これもまぁ、できるんだからすごいありがたいこと。これもまた恵み。

とにかく人に恵まれてる。本当にありがたいこと。ついね、ないところに目をやって心を痛めてみたり、悲しんでみたり、焦ってみたりするけど。でも、こうやって皆平等に恵みは存在して、それに気づくか気づかないかは、その人本人次第なのかな。辛い時は特に、このこと思い出して「恵み」に心を寄せたいと思う。

いつも読んでくれてありがと!
またね!

 

 

PS:息子が倒れた原因、検査結果どれにも異常みつからず、はっきりわからなかったです。でも、自律神経の乱れの可能性もあって、急な気温上昇も関係してるかもしれない、ってことでした。

コメントを残す