事故

 中村天風先生の話に「自分て蒔いた種」がある。すべての人生の出来事は偶然に生じたものではありません。アクシデント(事故)というものは、自己が知る、知らないとを問わず、必ず自分が蒔いた種に花が咲き、実がなったのです。「活きる心構え」というものに正しい自覚が、そして反省が、常に油断なく行わないで生きると、ぜんぜん自分が気のつかないような悪い種を、健康的にも運命的に方向にも蒔いてしまうものです。

 「さらば財務省」の著者高橋洋一氏が、豊島園で時計を盗んだと逮捕された。そして、東洋大学の教授も辞任した。彼にどんな油断が有ったのか、知りたい。私は、活きる心構えを持って生きているのか、自省する。毎日、規則正しく先ず行動したい。