自宅に送られてきた一通の書類

去年の話です。
もうその旅行も終わっていますし、自分に対しての注意も含めて。
ある日、私が住んでいるマンションに某大手旅行代理店から一通の書類が送られてきました。
宛名を見ると名前が違う・・・。
どうも私の前に住んでいた方のお名前らしく、さてさてどうしたものかと。
中を開ける訳にも行かないので、明かりで透かしてみると旅行の日程表らしいものが入っている。それと名簿らしきもの。
となると、これは受取人に取っては重要な書類!!
もう夜も遅かったので翌日、その送り主の旅行代理店の支店に電話をかけました。
私「もしもし。h_mと申しますが、P~のP店ですか?」
旅行代店(以下 P)「はい、P~のP店です。」
私「実は、昨日、私のポストにお宅様からの○○さん宛の郵便物が届いてました。○○さんは既に越していて私が住んでいますのでこの書類はどうしたらよいですか?」
P「あ、それは大変申し訳ございません。h_mさんのご住所をどちらになりますでしょうか?」
私「東京都中野区・・・・・です。」
P「そうですか。どうもこちらの手違いでh_mさんに送られてしまったようです。」
私「この書類、そちらに送り返した方がいいと思うのですが。」
P「本来ならば、取りに伺うところですが、業務が大変込み合っておりましてお手数なのですがh_m様の方で処分していただけないでしょうか?」
私「え!?・・はぁ~。かまわないですけど、いいんですか?」
P「かまいません。お手数かと存じますがよろしくお願い致します。」
私「はぁ・・・。わかりました。では、処分しておきます。」
と、だいぶはしょりましたがこんな流れでございます。
小型のシュレッダーがありますので念のためそれで処分をいたしました。
高機能のバラバラにしてくれるようなものではないので、紙がパスタの様に出てきています。
だから内容がそれとなく見えてしまうんですね。
某大手塾の社内旅行の日程、及び名簿でした。
枚数からかなりの人数のと思われます。
名簿には、塾の各校舎名から配属先部署、また当日泊まるホテルの部屋番号等が書かれていたようです。
う~ん・・・・(- -; いいのか?
ま、このぐらいの情報で何かできるってわけじゃ(何かできるかも知れない・・・よな)ないでしょうから大した事ではないんでしょうけど、昨今の個人情報流出のことを考えるとちょっと怖いなと。
昔だったら
「間違えましたか!すいません、処分お願いしちゃっていいですか?」
「ああ、いいですよ。処分しておきますよ」
と知らない人同士でも、「困ったときはお互い様」ぐらいの気持ちで済んだものなのでしょうけど、今はやれ個人情報だ、やれプライバシーだと・・・言われる可能性もあるわけでして。
こうやって書かずにはいられない事自体、私もギスギスした世の中にいる所為なのかなとも思います。
にしても、その対応から旅行に行くお客さんのことをあんまり大切に思ってないのではないかなと感じてしまいました。
大手ですしいろんな社員の方がいらっしゃるからこれが全てではないのは当然ですが、大手故に驚いてしまった部分も多々あります。
私、細かすぎるかな・・・。

45分でわかる個人情報保護
日経BP社
田淵 義朗(著)ネット情報セキュリティ研究会(著)
発売日:2005-03
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:20,008
おすすめ度:5
おすすめ度5 身近にありそうな事例が
おすすめ度5 ハンディな事例集
〈図解〉個人情報保護法 - 中小企業・個人事業者にも役立つビジュアル対策マニュアル
朝日新聞社
鶴巻 暁(著)中 康二(著)
発売日:2005-04
発送時期:通常2~3日以内に発送
ランキング:5,966
おすすめ度:5
おすすめ度5 大企業でも十分役に立ちます
おすすめ度5 わかりにくい本は不要
おすすめ度5 個人情報保護には、この本です。
おすすめ度5 個人情報保護法を遵守するためのわかりやすいガイド

コメントを残す