M.M.S.T report 0040 [Notes from Underground]

本年9月、紀伊半島を襲った災害で、被災された方々に、謹んでお見舞い申し上げます。また一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。
8月以来の天川村からのお知らせです。
今、M.M.S.Tのメンバーは、奈良・大阪・福岡の3カ所のツアーのために籠って稽古をしています。(今回、私は諸事情で天川村に行けず・・・{%がっかり(orZ)webry%})
台風の被害は、小屋(M.A.L)近辺にも及んでおり、小屋まで上がる道が一部崩れていたり、小屋の裏山の木が折れ、電線に引っかかっていたりとかなり大変だったとのこと。
稽古よりもまずその折れた木をなんとかしなくては行けない状態だったと。それでも小屋も無事で稽古ができ、また公演ができることは感謝です。
さて本日、天川村のアトリエを皮切りに、大阪、福岡と公演を致します。
今回の作品は、ドストエフスキーの短編小説「地下室の手記」のテキストを扱った作品です。
是非、足をお運び頂けたらと思います。
□□□□□□□□□□□□
M.M.S.T INFORMATION
□□□□□□□□□□□□
——————————
現在、奈良県天川村に滞在し新作の作成中。
ドストエフスキーの短編小説を扱った「地下室の手記」という小作品を作ってます。
今週末、奈良、大阪、福岡とツアーしますので、お近くの方は是非お越し下さい。
終演後には恒例の懇親パーティーもありますので!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. M.M.S.T Performing Arts Program 2011
[Notes from Underground]

M.M.S.T,天川村

▽────────────────────────────────────
■Program A /演 劇 〔上演時間:70分〕
[ Notes from Underground ver1.0]
名作として今なお世界中で読まれているドストエフスキー作品について、主に
『罪と罰』が生まれた要因となったとされている「地下室の手記」のテキストを
扱った演劇作品です。『罪と罰』上演へ向けての可能性やドストエフスキーの世
界観を空間的に発見し、体感することを目的としています。
作:ドストエフスキー
構成・演出:百瀬友秀
出演:萬浪大輔、坂東恭子、豊田可奈子、鳥越健太郎
■Program B /オーディオビジュアルパフォーマンス〔上演時間:20分〕
[Crime and Punishment]
『罪と罰』(作/ドストエフスキー)の出演者選考オーディション用に作成した
映像とサウンドファイルを再構成し、LIVEパフォーマンス作品として公開します。
日 時:
■奈良公演
2011年12月4日(日)19時30分開演(開場は開演の30分前)
会 場:M.M.S.T Art Labo
   638-0561 奈良県吉野郡天川村広瀬259
■大阪公演
2011年12月5日(月)19時30分開演(開場は開演の30分前)
会 場:Gallery H_identity
531-0064 大阪市北区国分寺2-2-29
■福岡公演
2011年12月7日(水)19時30分開演(開場は開演の30分前)
会 場:紺屋2023ギャラリー
   〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1丁目14?28 第一松村ビル
料 金:前売り2,500円/当日2,800円(全席自由)※1ドリンク代含
取 扱:http://www.mmst.net/nfu.html
企 画:M.M.S.T
——————————

Powered by ScribeFire.

コメントを残す