M.M.S.T report 0001

私は現在、仕事上のことを含め、「MMST」というArtist groupと関係を持っている。
数回、Sound performanceを含めたInstallationや舞台(演劇)を1スタッフとして参加した。
今年の5月。
主宰者である百瀬氏が、静岡県舞台芸術センターにおいて2年間の演劇人養成プログラムに参加し、05年5月に終了した。
そして6月、いよいよ本格的な活動を開始した。
昨日(7/7)は、主要メンバー・スタッフによる第2回目のミーティングが神奈川県の某所で行われ私も参加してきた。写真はミーティング中の一コマ。
今回のミーティングは主にスケジュールの調整について話し合いがもたれた。
今月、来月はかなり忙しい。
先日の7月5日には、大阪のin→dependent theatreでワークショップを開き、大阪の方々に参加していただいた。
7月22日には、東京・千駄ヶ谷で2年ぶりのSound performanceを開催。
8月は、東京(12日、13日)・大阪(16日、17日)・富山( 利賀演出家コンクール)(21日)と3カ所での公演が決まっている。
今回演じるのは、三島由紀夫の「葵上」。
稽古は、今週末から東京都内の某所で行われ東京公演の8月11日まで毎日行われる。
私も昨年見学させてもらったが演出家と役者の真剣勝負そのものである。
「劇」という言葉そのものにも”激しい”、”さかん”、”厳しい”という意味が含まれているようで、また、「劇」という字の中には獣と刀が含まれている。それ故に、演出家と役者と観客がそれぞれが刀を持って猛々しく切り合うぐらい激しい芸術であるとものの本で読んだことがある。その雰囲気が伝わってくる稽古であり、舞台だと思う。
私も剣道を幼少のころから続けているが、雰囲気はそれと変わらない。
何かを真剣にするということは、自ずとそういう”場”を作り上げる。
私は芸術全般に関して詳しい知識はない。
音楽(様々なジャンル)を聴いたり、絵画や彫像を観たり、映画を観たりすることは好きなので、比較的頻繁にそれらに触れることはあった。しかし、演劇を観たことはMMSTと関わるまでほとんどと言っていいほどなかった。
しかし、感じることはできる。
あーだ、こーだと評論することはできないが、自分の中で良いものは良く、心の底で何かを感じる。わからないものはわからない。
一般人が芸術を話すにはそれで十分ではないかと考えている。
稽古の様子やsound performance(7.22)までの経過は、また後日書いていきたい。
7月22日に行われるsound performanceについての詳細を記しておく。
□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□
MMST INFORMATION
□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□
——————————
sound performance
[jenscits von Gut und Bose]
2005/07/22(fri)
open19:00 /start 19:30
at Loop Line
<http://www.loop-line.jp>
□live
tomohide momose
+
guest live
hiroaki umeda
□ticket
2800yen,adv.2500yen
(with 1 drink)
——————————
-performance-
by mmst
03年の[N.d.G.F]以来、2年ぶりのサウンドパフォーマンスになります。
今回はゲストに梅田宏明(S20)をむかえ、
クオリティの高いサウンドを皆様にお届けしたいと思います。
是非、ご来場下さい。
2005年7月22日(金)
開場19:00/開演19:30
会場:Loop Line
渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
TEL & FAX 03-5411-1312
チケット:前売り2500円/当日2800円(1ドリンク含)
□百瀬友秀
Tomohide Momose(mmst)
1977年東京生まれ。演出家。
1998年6月「quattro ombrello(4つの傘)」を結成。全公演の脚本・演出を手掛ける。
自らもパフォーマーとして参加し、音響・映像の製作も行う。
ソロ活動としてインスタレーションや映像作品などにも取り組んでいる。
02年より静岡県舞台芸術センターにて2年間の演劇人養成プログラムに参加。
05年5月修了。
http://www.mmst.net
□梅田宏明
Hiroaki Umeda(S20)
http://homepage.mac.com/s20_s20/
——————————
何かご質問があれば、コメント欄に書いていただいても結構だし、MMSTにアクセスしていただきメールを送っていただいても結構です。


M.M.S.T report 0001” に対して1件のコメントがあります。

  1. 中村正人 より:

    時間つくって行きます

コメントを残す