grandpa blog
選挙

 昨日の選挙で、お世話になっている自民党の先生が落選した。猿は木から落ちても猿だが国会議員は、落ちたらただの人になるという言葉があった。2週間以内に議員会館の事務所を整理・明け渡さなくてはならない。赤い絨毯から離れなくて […]

続きを読む
老いて

 鎌田茂雄・清水健二著「禅と合気道」を購入した。そのーまえがきーに。  佐藤一斎の言志四録につぎの言葉が見える。少(わか)くして学ばば、壮にして為す(な)あり。壮にして学ばば老いて衰えず。老いて学ばば死して朽ちず。  青 […]

続きを読む
grandpa blog
技術を尊重

 朝日新聞の人生の贈りものに、日本大学医学部南和友教授の「技術の高い医師を尊重しない日本」という話があった。先生はドイツで約30年間に2万例以上の心臓手術を執刀された方で、世界でも最多症例を手がけた一人である。日本の医療 […]

続きを読む
grandpa blog
飲食をつつしみ仕事を励むのはあたり前のこと

二宮翁夜話を読んでいたら、表題の言葉が有った。  夜話は、次の様な内容である。論語に「君子は飽きるほどは食を求めることなく、居住も安からんことを求めることなし。仕事に骨を折り、無益のことは言わず、そのうえで道に則っていか […]

続きを読む
ART
M.M.S.T report 0026 –ワークショップ~上演に向けて–

前回のM.M.S.Tのお知らせで、天川村でワークショップ(M.S.P 09)を告知しました。 6月にも天川村に行きましたが、冬の間に水道管の破裂の為、修理で予定をほとんど費やしてしまい、細かい部分でのことができませんでし […]

続きを読む
grandpa blog
キリスト教での愛

 産経新聞、曽野綾子の「小さな親切大きなお世話」にキリスト教の愛について語っている。  「その人のために死ぬるか」ということは、愛の本質を見極める一つの踏み絵だという。そして、愛は「好きである」という素朴な感情ほとんど無 […]

続きを読む
BLOG
カード買い物枠の現金化

 「各種カードで現金化。ショッピング枠を即現金化。リボン払、分割、5分でOK」。消費者金融で借りられない人、返済に困っている人が、飛びつく広告である。  8月1日付の日経新聞にこれに関する記事があった。 ①カードで安っぽ […]

続きを読む
BLOG
過払い金請求と信用情報

今日の日経新聞に「過払い金返還請求の事実 信用情報に残さず 金融庁の方針」とある。過払い金を請求すると信用情報に現在では、「契約見直し」として情報に載せる。 当初の契約を守れなかった債務者として、その後の新たな借り入れが […]

続きを読む
grandpa blog
甲子園の心を求めて

佐藤道輔氏の「甲子園の心を求めて」を読んだ。はじきに素晴らしい文章が有った。  今年もまた甲子園の季節がやってくる。輝く太陽の光をうけて、一つのボールを追って死力をつくす選手たちの姿は、美しく、真摯で、見る者の胸をふるわ […]

続きを読む
10歳の放浪記

 新宿区中井に、林芙美子の自宅が林芙美子館としてある。これも放浪記で有名である。今回読んだ本は、上条さなえ「10歳の放浪記」である。父親の事業の失敗で、家族が離散の実話である。今日の破産法の素晴しさを知る。子供が学校に行 […]

続きを読む