人類はいないでしょうね・・・。【37億年以内に宇宙が消滅?】

src=”http://jss.afpbb.com/sdata/newsdelivery/webryblog/js/sjis/6332000/94891ae46afa3e420e7aae3bf2713337.js”>

約60億年後、いつも見ている太陽は内部の水素を燃やし尽くし、膨張し始め、それ以降、地球の軌道付近まで大きくなるそうです。
しかし、その前に宇宙が無くなってしまう可能性があるというお話。
宇宙が消滅する可能性は、50%。
コインを飛ばして表か裏かって感じですね。
どちらにしろ、37億年先などは、私は当然のこと、人類もいないと思いますが・・・{%泣くwebry%}
1990年ごろのNHKスペシャル”銀河宇宙オデッセイ”の中でも、宇宙が広がるか閉じるかという話がありました。それによると、暗黒物質の量によって、宇宙の将来が決まるそうです。
先日もそんな暗黒物質を見つけるという施設が公開されたニュースがありました。
ニュートリノ観測で有名な「スーパーカミオカンデ」を作り出した東京大宇宙線研究所が観測施設「XMASS(エックスマス)」。
これによって、世界に先駆けて暗黒物質を見つけるとのこと。
XMASSの公式サイトによると、私たちが観測できる物質は、宇宙全体でたった4%ほど。
すくない!!!!
宇宙のほとんどの物が私たちがまだ認識出来てない”もの”で、成り立っていることに驚きます。
しかし、宇宙の消滅。誰かが確認してくれないと、消滅って言えないんじゃ?
Powered by ScribeFire.

コメントを残す