突き詰める

メルマガからの記事です。

さる5月のこと。現在公開中の映画『ダイハード4.0』の主人公を演じるブルース・ウィルスが、自身の最新作をPRすべくある映画ファンが運営するサイトのチャットルームにアクセスしたのである。当然ながらインターネット経由、しかも文字だけのやりとりということでほかの閲覧者は誰も彼が本物だとは信じない。最終的に氏に彫ってある入れ墨の画像を提示することで本人と確認。それ以降は本物の映画スターがやってきたと大騒ぎになったという。その映画ファンサイトこそが「Ain’t It Cool News」(http://www.aintitcool.com)なのである。

人気サイトができるまで

「Ain’t It Cool News」の主宰者、ハリー・ノールズ氏が同サイトを起こしたのは1996年のこと。極度の肥満体とぼさぼさの長髪に眼鏡をかけた風貌は、典型的な「オタク」だ。そんな彼の一番の趣味は映画観賞。長期入院中に気晴らしのために始めたのは、もちろん大好きな映画のファンサイトであった。
つづきはこちら
米国発☆ビジネス最前線より引用

たった1人のファンがハリウッドに少なからず影響を及ぼすとは驚きです。
何事も突き詰めるとすごい力を発揮するんですね。
そう言えば、よくTVにでてあの甲高い声でしゃべるさかなクン
東京海洋大学客員助教授になったというニュースもありました。
経歴みたら、省庁関係のこともやってるんですね。
あのテンションで省庁に行くんでしょうか?
気になるところです。
好きこそものの上手なれ
ってやつですかね。

コメントを残す