“-“(ハイフン)から始まる携帯のアドレス

携帯メールからの問合せに、返信をすると
“5.1.3 bad recipient address syntax”と表示。
「メールアドレス、間違ってるよ」
と、言われている。
送ってきたアドレスにそのまま返信しているんだから、間違えようがない。
相手方のキャリアは、au。
他は、きちんと送信でき、また受信も出来ている。メールソフトの問題ではなさそう。
“5.1.3 bad recipient address syntax”の文、そのまま検索をしてみた。
どうも、“-“(ハイフン)から始まるメールアドレスに問題があるとのこと。
【参考1】


No.17686 AUの特定アドレスにメールが送れない。

事務所が借りている、レンタルサーバ会社もメールサーバソフトウェアにPostfixを利用していたので、上記の理由は充分に考えられる。
上記のBBSにも書かれていますが、Postfixの設定を変える事で送れるとの事。
【参考2】

Postfixを利用している際、「invalid recipient syntax: “-xxx@example.jp”」などとエラーログが記録され、配送ができないことがある。これは、頭に「-」(ハイフン)が付くアドレスに対して送信ができない場合のものだ。
 この場合には、次のように設定ファイル内に「allow_min_user」行を追加すればよい。
# vi /etc/postfix/main.cf
allow_min_user = yes
【引用元】ITmedia エンタープライズ

この方法は、Postfixを直接いじれるなら有効ですが、今回はレンタルサーバなので、このやり方は使えない・・・。
何か良い方法がないものかと、借りているレンタルサーバに問い合わせると、以下の返事が来ました。

お問い合わせの件につきまして、恐れ入りますが、弊社メール
サーバーは迷惑メール行為防止のためRFC準拠とさせていただい
ております。
このため、RFCにて推奨されていない記号や文字があった場合や、
記号の連続等の含まれるメールアドレスに関しましては正常に
送信されない場合がございますので何卒ご了承ください。
なお、【”】にて@前を囲っていただくと送信できる場合もござ
いますが、送信および受信のサーバー仕様によっては出来ない
場合もあるため保障は出来ませんのでご了承ください。
上記をお試し頂き送信が行えない場合は、送信先様へもご相談
いただけますようお願いいたします。

【”】で囲むのか・・・。
今回に関しては、結局電話で済ませました。
RFC準拠してないメールアドレス。要注意です。
RFC準拠に関して、参考になる記事。
【参考3】

メールアドレスの登録基準(RFC準拠)

自分のアドレスを決める時に、是非参考にしてみて下さい。

Powered by ScribeFire.

コメントを残す