ハトムギ、おそるべし!

最近–と、言っても半年ぐらい前になります–、左手の薬指にイボが出来ました。
初めは小さく気にはならなかったのですが、そのうち段々と大きくなり擦れるとちょっと痛みが。
さらに左足の甲にも出現し、急速に大きくなりました。
やはりこちらも触ったりすると痛みがあります。
さらに、さらに、左足の裏と・・・。
このイボは、[疣贅(ウイルス性疣贅)]というもので、免疫力が落ちているとなりやすい様です。
昨年から一気に免疫が落ちたと感じることが多くなり、その矢先に出来たものでした。
小学生の時にも右足の親指に大きなイボが出来たのを覚えています。
その時は、液体窒素で焼く治療をしました。
焼く時にあまりにも痛く、被っていた西武ライオンズの野球帽を噛んで我慢した記憶があります。
そんな記憶があるものですから、なんとかならないかと調べてみるとこちらのサイトがひっかかりました。
ウィルス性イボまとめWiki

ヨクイニンは、はと麦の果肉に含まれる成分のこと。古くからイボ取りに用いられている。
コイクノライドという成分が腫脹組織に効くためらしい。
漢方薬としてドラッグストアに売ってる。錠剤タイプや顆粒タイプもある。

ということなので、早速スーパーなどではと麦を探してみます。
しかし、売ってない・・・。
ふと、頭をよぎるメロディー。
”はと麦、玄米、月見草?爽健美茶♪”
そうか!!爽健美茶には入っている。
早速、爽健美茶を購入。
外出時に買うのは必ず爽健美茶(500mlのペットボトル)にし、最低でも週に一回は飲みました。
そんなことを数ヶ月続けていると・・・アラ不思議!
いつの間にか左手薬指のイボが消えている。
はと麦、スゴい!。
効く事が分かったので、はと麦の煮出し用パックをネットで注文。
先月(8月)の初旬から始めて、9月頭までの約一ヶ月間飲み続けてみました。
(8月中旬からは天川村に出張で行ってましたので、きちんと飲んでいたのは約2週間ぐらいでしょうか。)
飲んでから、数日で左足裏のイボは消去。
一昨日には、左足の甲にあった大きめのイボもポロリと取れました。
液体窒素の激痛を受ける事が無く助かった(T_T)!
経験のある方は分かると思いますが、あれ本当に痛いです。
はと麦のお陰でイボは消え去りましたが、この方法はすべての方に有効ということでは無い様です。
ですので、飲んでも変わらないという方は皮膚科に行く事をお勧めします。
また妊娠中の方は、はと麦がよろしくないということも書かれていましたので飲む前に必ず確認して下さい!

Powered by ScribeFire.

コメントを残す