ある意味、ヌード写真

Gigazineの記事より。

透け透けすぎるX線ピンナップカレンダー
1962年にバート・スターンによって撮影された薄いベールを身にまとったマリリン・モンローの有名なヌード写真のように、見えそうで見えないようで目を凝らすと見えるかもしれないという「透け透け」状態は、時として完全に丸見えな状態よりむしろ好奇心をそそるものです。
服が透けているというレベルではなく、セクシーポーズの女性の髪や皮膚、臓器や骨までも透けさせてしまったこのX線ピンナップカレンダーも、普通のピンナップより人の心をかきたてるものとなっているかもしれません。
詳細は以下から。

“Pin-up Calendar 2010” print ad for Eizo in Germany by BUTTER.

このカレンダーはドイツで展開されたEIZO(株式会社ナナオ)の広告で、ベルリンの広告代理店BUTTER.が手がけました。医療用ディスプレイ装置のPRのため医療関係者に配られたとのことです。
もっとみる

なかなか、セクシーなポーズを取っている様ですが、骨です。うっすら輪郭が見えますが、骨です。
「いい骨、してるね?」
とでも言ってもらいたいぐらいの勢いです。
ある意味、人間の本質を映したものなのか。
この写真を観て、思い出したのは、「小野小町九相図」
(小野小町九相図 参考 とみ新蔵 ブログ(ちょっとグロいかも知れません))
どんなに美しい人でもいったん”死”が来れば、腐って死んで行く。
そして「骨」になり、土に帰る。
この世に生まれて来たものの宿命。
諸行無常。
と、言っても、普通のヌード写真が良いですな。

Powered by ScribeFire.

コメントを残す