熱、下がる –親の気持ち–

金曜日の夜、娘が熱を出しました。
土曜日の朝も微熱でしたが、念のため近くのかかりつけの病院に連れて行きました。
特に異常もなかったので、お薬をもらって実家へ。
午後から急激に熱が上がり始め、39℃近くまで。
こうなるとさすがに心配になってくるので、先ほどの病院に電話をしたら、薬を変えるから夕方に処方箋を取りにきて下さいとのこと。
娘の目もうつろになり動きが鈍くなり、息も荒くなる。
インフルエンザの注射も打っていますが、やはりいろいろ不安になるものです。
土曜日の午後は、近所の薬局はほとんど閉まっています。
大きな病院の前の薬局へ行き処方してもらう。
処方箋をもらってから約1時間。
だいぶがかかりましたが、すぐに娘に飲まします。
夜になっても熱が下がらず、先生の指示通り、もう一度薬を飲まします。
夜中に近づくになって、汗をかき始めて少しずつ熱も下がり、夜中には37.5℃まで下がりました。
日曜の朝。
完全ではないもののほぼ下がり、そして今朝は平熱に。
2日間、気が気で無かった。
自分たちが風邪をこじらせた時も親がこれだけあたふたしていたんだなと思うと、有難い思いになります。

Powered by ScribeFire.

コメントを残す