経営と数字 【ものづくり経営人材育成講座】

興味のある方がいたら是非!
平成21年度「ものづくり経営人材育成講座」
私が大変お世話になった橋本教授がOPI長を務めてらっしゃいます。
また別件でお世話になった田中靖浩さんも講師で参加されています。
田中さんは他の場所でも講演や講義もされているので機会があったら一度聞いてみて下さい。
経営のことがイメージでわかると思います。
お金の流れを”点と線”のイメージ図で説明されたときは、本当に良くわかりました。
↓普段、意識してない”数字”を意識します。
新聞・ニュースを見ていても、ボーっと流し読みしちゃうことがありますが、
世の中の違った側面が見れますよ。

ビジネス脳を鍛える! 数字力トレーニング
日本経済新聞出版社
田中 靖浩

ユーザレビュー:
数字をイメージできる …
もっと実用的な数字で …
数字カンが身につく! …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

”数字”と言えばこんな本もあります。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
東洋経済新報社
細谷 功

ユーザレビュー:
知識を応用できるよう …
著者の主張を、気持ち …
問題解決の手段を解説 …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

短時間に、限られた情報から、自分なりの仮説を設定して推定をする。
いろんな場面で必要なことですね。
コピペだけじゃなくて、自分の頭を使おうという内容です。
この本で出てくる「フェミル推定」、一つの手段として有用だと思います。
自分で設問して、推定してみるのもなかなか楽しいですよ。
フェミル推定:具体的数字として表すことが難しい問題を、限られた情報の中から論理的に、かつ、短時間で推定、そして概算を行うこと。
イタリアの物理学者、エンリコ・フェミルが得意だったことからこの名前がついたそうです。

Powered by ScribeFire.

コメントを残す