台風9号

昨日は久々に、叔父(父の弟)とその息子(従弟)、私の妹組み合わせで飲みました。
いつも実家や親戚の家で飲むことはありましたが、外の居酒屋で飲むってのは初めてかもしれません。
たまにはこういうのも良いですな。
親戚同士仲良くやってきたいものです。
その帰り。
久々に台風が首都圏直撃ということで、その影響か突然、スコールのような雨。
10分ほどで小降りになりましたが
私と妹はそこに居合せ”びちょびちょ”に。
街の路地が川になってました。
台風、けっこう来ていると思っていたのですが、首都圏直撃となるとそうでもない。
何にしてもまだまだ雨が降るかもしれないから台風情報は気をつけないと。
台風がくるときは以下のサイトでチェックしまくりです。
tenki.jp
リアルタイムレーダー
レーダでだいたいこの時間帯だったら雨を避けれるかなと予想して、さほど濡れずに帰って来れました。
大雨と言えば、中野区に住んでから二つほど私の住んでいる近くで大きなことがありました。
一つは・・・。
1999年、近くの新宿区落合で大雨で自宅の地下室が心配になった人がそのまま地下室に閉じ込められて亡くなったという事件です。
水の流れ込む力は強く、その力で扉が開かなくなってしまったためです。
関東の局所的に大雨が降ったということの上に、人が亡くなったということでかなりニュースになりました。
覚えている方も多いのではないでしょうか。
二つ目は・・・。
またつい最近の2005年、中野区の北側を流れる妙正寺川の堤防が決壊。
中野区内のいくつかの地域では避難勧告が出されました。
これは私が住んで初めてのことでした。
私の知り合いも地域センターに避難することに。
その知り合い、あと少し家の位置が低かったら冠水してたと・・・。
すでに玄関近くまで水が来ていたそうです。
温暖化の所為かはわかりませんが、雨が短時間に局所的に降ったり、熱帯化になっているのでしょうか。
冬にも、霜柱ができることが本当に減りました。
単純に私たちが出す、CO2だけが問題ではないではないのかも知れませ
んが、環境のこと、本当に真剣に考えなくては行けないところまで来ているのは確かなようです・・・・。
これに関連してオススメ
不都合な真実
元副大統領がひたすら環境問題について述べる本&映画。
ヒット作でしたね。
ドキュメンタリーものにも関わらず、映画版の興行収益はトップクラスだったそうです。
皆なんかしら危険性を感じ取っているのでは。
3つ目は、約20年ほど前に出版された本ですが、
熱力学の第二法則(エントロピー増大の法則)を原理として環境問題について切り込んだ本です。
単なる環境問題を論じているだけでなく、歴史的な見地もふまえ、技術、経済、教育など様々な分野のありかたを述べています。
読んでためになる本だと思います。

不都合な真実
ランダムハウス講談社
アル・ゴア

ユーザレビュー:
資料の膨大さは素晴ら …
ある意味、環境問題の …
正しく知る地球温暖化 …
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

台風9号” に対して2件のコメントがあります。

  1. pako より:

    台風サイトはじめ、各著籍、参考になりましたぜよm(_ _)m

  2. h_m より:

    いえいえ。
    天気関係のサイトは便利ですわ。
    天気レーダーが個人で見れるってのは本当にありがたい世の中です。

コメントを残す