某高校の演奏会

18日。
私の幼馴染である友人Kくんが、高校で教師をやっておりかつ吹奏楽部の顧問をやっています。
その高校で定期演奏会があるとの知らせをもらいました。
私はその高校にな~んも関わりもないのですが、Kくんが指揮をするという事なのでこれは友人として一度見とかなきゃいけないと。
たまたま18日は空いていたので彼女と一緒に中央線に乗って相模湖まで。
Kくんもその高校の卒業生で、自分の母校で後輩指導にあたっているわけです。
友人が教師をしているってのはなんか違和感があります。
自分の中の先生像≠友人
やっぱり変な感じです。
相模湖に着き、電車を降りると空気が明らかに違います。
匂いが少ないんです。
それと比べて都心の空気は・・・C= (-。- ) フゥー
そりゃ鼻毛も伸びるのが早いわけです。
相模湖駅から歩いて10分ほどの場所にある、相模湖交流センター
新築なのかとても綺麗な建物でした。
この高校の演奏会に来たのは今回が2回目。
1回目はKくんが在校しているときの演奏会。
このときも定期演奏会だったと思います。
場所は日野市民会館だったかな。
その時から12年経ち、彼は自分の母校で指揮を取っているですから
私としても何かノスタルジックになっちゃいます。
全部で10曲(だったかな?)ほど演奏。途中、吹奏楽部を舞台にした劇あり。
Kくんから演劇があると聞いていて、演劇部がやるのかなと思っていたのですがまさか吹奏楽部の部員がやるとは驚きです。
内容的には、年齢・性別・価値観の違う部員達が一つ一つ問題を解決して一つの演奏を作り上げるといったものでした。
3年生にとっては高校最後の演奏会、受験や期末試験など忙しい中、演奏そのものの練習と劇の練習。かなり大変だったと思います。顧問の先生も。
今回の演奏会そのものが、劇の内容通り、「いろいろぶつかりあったなかでも
一つの”演奏”を作り上げた」を感じさせてくれるものでした。

日大明誠定期演奏会

最後、1、2年生が3年生に花束を渡す時、「青春って感じよね~」と
言いつつ彼女さんは目が潤んでました。
なんでお前が泣くんじゃ!
・・・とつっこみを入れたくなりましたが、黙ってました。
とにかく遠くまで来たかいがありました。良いもの観れたです。
誘ってくれてありがとね、Kくん。
この後—
演奏会に浸って帰る時に・・・彼女が貧血で立てなくなり帰りは大変なことに!!
相模湖駅からたまたま来た特急車両のホリデー快速が来て(いや~これは本当についてた!!)
それに座って三鷹まで行きそこから快速で中野まで。
ゆったり座れたのが本当に助かりました。
でもいつ倒れるんじゃないかとハラハラ((-_-;))
で、貧血の原因は?
単なるエネルギー切れ・・・・。朝飯と昼飯を抜いたのが原因。
ヽ(`⌒´)ノむっき~
ごはん食べたら元気になってんの(笑)。
いや私も忙しくさせてしまってごはんを食べる時間を作らなかったのが悪いのですが・・。
23時過ぎると電池が切れた様に静かになるし、ご飯食べなかったらエネルギー切れになるし・・・。
時たま本当にバッテリーで動いているのかと疑っちゃいます。
(-ι- ) クックック

コメントを残す