grandpa blog
福島孝徳先生と債務整理

脳外科医の福島先生の奇跡の指先を読んだ。 「なぜ、福島先生は自分の家族を犠牲にしてまて、他人のために尽くのですか?」の問いに先生は、 一言で答えるのは難しい。だか、病気で苦しむ人を助けてあげたときの、何者にも耐え難い喜び […]

続きを読む
BLOG
福岡演劇フェスティバル M.M.S.T

久々の更新です。 私今、福岡県は博多にいます。 (財)福岡市文化芸術振興財団主催の創作コンペティションに参加しました。 課題戯曲である岸田國士作「紙風船」を昨日、今日と上演審査がありました。 そして本日、M.M.S.Tは […]

続きを読む
grandpa blog
経典研修

朝、般若心経をあげる。僅か260餘文字なれど釈迦御一代の経を全て含んだ経である。家内、某宗教を行っている。その勧めで夕刻からの三時間、経典の勉強会に初めて参加した。延べ13回ある第1回目。 釈迦牟尼世尊は、慈悲・無常を説 […]

続きを読む
BLOG
研修会

鄭英模氏(司法書士)が、講師の「成年後見制度と国際私法」研修会へ参加した。夕方5時半から午後9時までである。 何故、お酒を飲んでいる時間は短く、研修会は永いのか。 本当に永い時間であった。これも慣れが必要と思った。 研修 […]

続きを読む
BLOG
債務整理と1000回の路上ライブ

路上の天使、川嶋あいさんの記事を産経新聞で読んだ。 直ぐに、レコード店に行き、彼女のヒット曲、明日への扉の購入を求めたがなかった。 渋谷の駅前路上で、1000回歌うことを決めた。あの雑踏。目の前ビルの壁には大きなテレビ画 […]

続きを読む
BLOG
至福

腕に抱かれている8ヶ月になる赤子が、窓から入ってくる春風にのるかの様に手首を回す。何の意味があるのか分からない。しかし、風の緩みに応えている様にも見える 赤子は、生命が生まれて35億年、ヒトの200万年前の誕生の歴史を立 […]

続きを読む
BLOG
厳粛なる信託と債務整理

日本国憲法の前文に   そもそも国政は、国民の厳粛なる信託によるものであつて、その権威は   国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、~  とある。ある懇親会があり、増子参議院議員と同席し懇談した。先の福島県 […]

続きを読む
BLOG
債務整理と歌

山口洋子が毎日新聞に「あの日に帰りたい」エッセで、エディット・ピアフを取り上げて ていた。 日本では越路吹雪が歌う愛の賛歌の人である。最近映画が上演された。 越路吹雪の舞台は、華やかであり、多くのファンを得、賞賛を得てい […]

続きを読む
BLOG
債務整理と相場

株式投資で失敗して債務整理をする人がいる。 投資には、知恵と経験と目先が必要か。 株で儲けた人はいないと言われている。 しかし確立性の問題かもしれない。儲けた人もいる。 酒田に何度が出張した。機会がなく、本間家の屋敷を見 […]

続きを読む
grandpa blog
債務整理と新鋭司法書士

東京司法書士の機関誌に新鋭若鍋司法書士が、とことん依頼者と向き合うのを信念としている事を披瀝 している。事務所にどんと座り、依頼者の来所を待っていた時代から、依頼者の所に足を運び、依頼者と共 に歩むときと成った。代理権が […]

続きを読む