grandpa blog
出会えない系サイト

出会い系サイトの相談が有るので、「出会えない系サイト」を読む。サイトにはまっている人は、一読の価値が有る。 運営している方は、一定の収入が見込まれるからである。 又、文章で知る事によって、現実を認識することが出来る。世の […]

続きを読む
grandpa blog
司法書士の歴史

司法書士のルーツは、明治5年司法卿である江藤新平が主導して制度化した代言人、代書人、公証人の役割を創った時に遡れる。法曹界において、代理権を得る事を目指すだけではなく、司法書士は代書―書く力によって、弁護士や公証人と立ち […]

続きを読む
grandpa blog
保護のてびき(生活保護法)

生活保護法第1条「この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対して、その困窮の程度に応じて、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的 […]

続きを読む
grandpa blog
尋ね人

谷村志穂著「尋ね人」を読む。昭和29年9年26日国鉄青函連絡船洞爺丸が台風15号のため函館で沈没。死者・行方不明者1.155人。読んで、あくまで1分の1は1。 一人の人生は薄める事が出来ない。だから、日々の大切を痛感させ […]

続きを読む
grandpa blog
生活保護

債務整理を円滑に行うには、最悪の場合にも相談に乗れなければならないと思い『生活保護受給マニュアル』を読む。 憲法25条第1項すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。第2項国は、すべての生活部面につ […]

続きを読む
grandpa blog
137億年の物語

生きている、生かされている。本当は、生かされているのかも知れない。そう思ったとき感謝が生まれる。それを認識する本か。 [tmkm-amazon]416374200X[/tmkm-amazon]

続きを読む
grandpa blog
西水美恵子

西水美恵子著「あなたの中のリーダーへ」のはじめの一節。 パキスタンの山奥に住むアマ(母親)の言葉。 「早朝、日の出前、まず水汲みに出る。泉まで一時間裏山を登り、また一時間かけて下る」 「それから子供たちと朝食。朝はお茶と […]

続きを読む
grandpa blog
山田真哉

山田真哉氏「さおだけ屋はなぜ潰れないか」を手に取る。M&A(会社買収・合併による事業承継)には会計学を理解しなければ始まらない。で、読み始める。関連の本も購入する。さおだけ屋が潰れないのは、⑴売上を増やす。⑵費用を減らす […]

続きを読む
grandpa blog
破船

吉村昭の「破船」を読む。生きる。ただ生きる厳しさを知る。冷暖房完備の室でテレビを安閑として見ていられる今の、幸せを思う。幸せを思ったとき、今、何をすべきか考える。時を惜しんで己の向上に努めるべきと考える。 [tmkm-a […]

続きを読む
grandpa blog
沢木耕太郎

山口二矢(おとや)と社会党委員長浅沼稲次郎の事件の本。一つの事件を紐解くことによって、社会を描く本。国家権力の暴力の怖さ、教育の大切さ、中国外交の難しさ、政党政治の権力闘争、時代のを読み取る力の必要性等を教える。一読を進 […]

続きを読む